お風呂ポスターの秘密
 このページでは、お風呂ポスターをより楽しく遊ぶための上手な使い方や、商品の誕生秘話、こだわりポイントなどを掲載しています。

​もくじ 見出しをクリックすると記事に飛びます

​もくじ

1.お風呂ポスター開発秘話

2.上手な使い方(裏技①)

3.上手な使い方(裏技②)

4.やってはいけないこと

 

お風呂ポスター開発秘話

 お風呂ポスターの開発のキッカケは、私の子供が6歳だった頃、「ひらがな・あいうえお」を覚えてもらおうと思い、お風呂ポスターを探したのですが、楽しく覚えられる商品が、どこを探しても見つからなかったので、「それなら自分で作ってしまおう」と思ったことが商品開発の始まりです。

 今では「自分の子供に使いたい学習教材を開発しよう」をモットーに、自社で商品開発から、製造、販売までを一貫して行っております。また、「バスタイムの過ごし方を再定義する」ことをコンセプトにリラックスタイムでの学習や暗記が、脳に与える影響が効果的であるという学術的な根拠をもとにして、お風呂の学習教材に特化した専門チームが開発を行なっております。

 そんな中から生まれたヒット商品が、「お風呂学習ポスター 受験教材」です。高校受験を控えた中学生は学校生活、部活、塾と多忙な毎日を送っています。そんな忙しい中で注目したのが、バスタイムです。この隙間時間で、受験に必要な暗記項目を覚えて少しでも成績アップしてもらおうと考え出しました。塵も積もれば山となる言葉通り、毎日15分のお風呂時間でも1年間では91時間にもなります。この圧倒的な、継続の力を使ってみて結果で体感してください。

 

上手な使い方(裏技①)

​ お風呂ポスターって、水で濡らしてお風呂の壁に自由に貼れるのは、とっても便利なんですが、あまりにもピタッと付きすぎて剥がす時に苦労します。時には爪さえも引っかからないこともあって、一苦労した事がある方もいると思います。

 でも、このアイデアを使えば もうそんなストレスともオサラバです。下の写真①を見て下さい。四隅のどこでも良いのですが、ほんの5mm程度(本当にちょっとだけでOK)折るだけで、簡単に剥がせるようになります。ちょっと、剥がすのに苦労したことある方は、感動すると思います。

 これで、貼りっぱなしにしてカビてしまったりすることも無く、頻繁に剥がして乾かして衛生的に管理することが出来ますので、是非お試し下さい。

写真①

 

上手な使い方(裏技②)

​ お風呂ポスターって、乾かす時に場所に困りませんか?1枚だけならともかく、同時に何枚も学習のために使う時もあります。そんな時には、女性でも簡単に作れる『ポスターハンガー』を100円ショップのグッズを使って自宅で作ってしまいましょう。

<ステップ その1>写真②

 プラスチック製リングの付いたクリップを100円ショップで購入します。

 ハンガーが家に無ければ、子供用ハンガーも合わせて購入します。

ステップ その2>写真③

 プラスチック製リングの横にハサミで切り込みを入れます。上に切り込みを入れてしまうとポスターの重みでハンガーから抜け落ちることもあるので横に入れて下さい。

ステップ その3>写真④⑤⑥⑦ 

 切り込みを入れた所を広げてハンガーにセットしていきます。

 これで完成です、複数個クリップを付けることでポスターもまとめて下げておけて場所も足らずに乾かす時にも便利です。是非お試し下さい。

写真②

写真③

写真④

写真⑤

写真⑥

写真⑦

 

やってはいけないこと

お風呂の壁に貼りっぱなしは N Gです。カビが生える原因になりますので定期的に(できれば毎日)剥がして、水洗いをして水を切って乾燥させて清潔に管理しましょう。

丸めたり、強く折り曲げたり、破いたりは N Gです。耐水性、耐久性の優れたユポ紙®を使用していますが、乱暴に扱うと一度付いた癖は元に戻りませんので、大事に丁寧に扱いましょう。

直射日光に長時間当てるのは N Gです。天日干しは強い日差し、紫外線で日焼け、色あせの原因になります。乾燥させる時には、風通しが良い日陰がオススメです。日陰でも割りと直ぐに乾きますので、大丈夫です。

捨てる場合には、燃えるゴミは N Gです。各自治体のプラスチックの分類に従って処理してください。